2階病棟(医療療養型 60床)

 医療療養病棟は、急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、病院での療養が継続的に必要な患者様を対象にご利用いただく病棟です。   入院期間は、状態に応じて調整致します。

3階病棟(地域包括ケア病床 8床)

 地域包括ケア病棟は、他病院での急性期治療が終わり、すぐに在宅や施設へ移るにはもう少し治療が必要な患者さまに対して、経過観察・診療・看護・リハビリなどを行って、在宅などへの退院に向けた準備を行う病床です。また、在宅療養中や施設入所中の方に入院が必要となった時、在宅医などから依頼を受けて療養を支援する役割を持った病床です。入院期間は、状態に応じて調整致しますが60日を限度としています。

3階病棟(回復期リハビリテーション病棟 34床)

4階病棟(回復期リハビリテーション病棟 35床)

 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患・大腿骨骨折などの患者さまに対してADL(日常生活活動)能力の向上による寝たきり防止と家庭復帰・社会復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを受けることが出来る病棟です。当院、回復期リハビリテーション病棟は、土日祝日・年末年始も休まず行う365日リハビリテーションの実施を行い、在宅復帰に向けた家屋調査やご家族さまを交えたカンファレンスを必要な時に行っています。今後も地域に密着した医療の提供及び更なるケアの向上を目指します。(対象となる方)脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、骨折(一部を除く)、脊髄損傷、頭部外傷など。入院期間は、対象疾患により異なります。

外来

 外来看護スタッフは、「笑顔であいさつ・丁寧な説明・気配りある対応」をモットーに、安心して治療を受けて頂ける看護を心掛けています。又、地域住民の健康を守る医療機関として、愛される病院づくりに努めています。

部門紹介へ戻る