診療放射線課の特色

身体各部を画像化し、診断・治療に役立つ医療情報を提供しています。患者さんの安全・快適・満足を最優先にした放射線診療を目指し、患者さんがリラックスして受診・検査ができるようサービス向上に努めています。

主要検査 - X線撮影(一般撮影)

X線撮影では、主に胸部や腹部、骨などの撮影を行います。当院では、CR装置(コンピュータによる画像処理装置)を 2台導入しております。CR装置は従来のフィルムの代わりにIP(Imaging Plate)を用い撮影を行います。エックス線発生装置は従来のままですが、IPに照射し記憶された情報をレーザーで読み取り、コンピュータでデジタル画像として出力します。デジタルで画像処理を行うので、撮影部位毎に最適なX線画像を提供しています。

X線透視装置

X線透視では、バリウムを使った胃透視や食事の飲み込みに障害のある方に対しての嚥下造影撮影を行います。

ヘリカルCT装置

CTとは, コンピュータ断層撮影装置(Computed Tomography)の略で,周囲から放射線を照射し,コンピュータによる巧妙な画像処理技術によって人体の断面像を得る検査です。
当院では、16列のヘリカルCT装置を導入しています。ヘリカルCT装置では、広範囲にわたる部位を短時間で、患者さんの体格に合わせた低線量で撮影することができます。また、簡易性、無痛性の点でも優れた特徴を有しております。さらに、コンピュータ処理により3D(三次元)画像の作成も可能であり、より詳しい診断を行うために造影剤を用いる事もあります。
造影剤は、CT写真上では白く染まり、血管の状態、臓器の形態や機能状態、さらに病変(腫瘍)の種類の判別などの情報を得ることができます。

PACS

PACSとは、Picture Archiving and Communication System(放射線医用画像情報システム)の略称で、X線写真・CT・MRIなどの画像撮影装置(モダリティ)から受信した画像データを保管、閲覧、管理することを目的としています。
当院では、平成24年12月よりPACSを導入し、画像サーバーで管理された画像を院内の各診察室、病棟に配置した画像端末から24時間閲覧することができます。

お願い

当院では、造影剤を使用する検査の際には、検査の説明時に問診票の記入と同時に同意書に署名をいただいています。安全な検査のためにご協力をお願いします。

部門紹介へ戻る