臨床検査課 - 業務内容

業務内容

臨床検査課のご紹介

臨床検査課では検体検査(血液、尿検査など)と生理機能検査(心電図、超音波検査、肺機能検査、血圧脈波検査など)を担当します。障害の原因となった疾患のフォロ-アップや合併症のコントロ-ルのための必要な検査を選択し、最新の検査機器にて実施します。当院の臨床検査課では、精密さと迅速さをモット-に正確なデ-タ-を提供し、患者さんの健康維持に貢献できるよう、日々努力しています。
また、各種の健診にも対応しており、検査課のスタッフが皆様の健康のお手伝いをさせていただきます。

検査内容のご案内

<検体検査>

血液検査

血液に含まれる赤血球、白血球、血小板、血色素量を測定することで、貧血や血液の病気がわかります。血液凝固検査で出血の時間や血液凝固に関して調べます

一般検査

尿検査では尿中の蛋白、糖、ウロビリノ-ゲン、潜血等の定性検査をします。また、尿に含まれる赤血球、白血球、上皮細胞、円柱類、細菌等を顕微鏡で検査します。便潜血検査は消化管出血の有無を検査します。インフルエンザ抗原、ノロウイルス抗原などの検査も行っています。

生化学検査

体の状態を知る上で必要不可欠な検査です。肝機能検査・腎機能検査・心機能検査・電解質検査等の項目を最新の自動分析装置で測定しています。糖尿病の検査は血糖・HbA1cの検査を行います。

輸血検査

出血、重度貧血等で輸血が必要になった時に患者さんの血液型、及び血液製剤と適合するか否かの交差適合試験を行います。

生理機能検査

心電図検査・ホルター心電図、肺機能検査・血圧脈波検査などの検査を行っています。血圧脈波検査はABIとPWVを測定し、下肢動脈の狭窄や閉塞の評価や血管のしなやかさを評価します。画像診断検査では、腹部・心臓の超音波検査を行います。
その他に眼底写真、眼圧検査、聴力検査なども行います。
生理機能検査の中には、予約制になっている検査もあります。
※検査を受ける際の注意事項
検査内容によっては前日、当日の食事内容など事前の注意が必要な場合がありますので、医師の指示に従って下さい。

  • 患者様へ
  • 外来担当医
  • 医療関係者の方へ